FUK COFFEEとは

福岡空港の空港コードは「FUK」。この空港コード(スリーレターコード)を店名にし、空港をコンセプトにした福岡のコーヒースタンドが『FUK COFFEE(フックコーヒー)』だ。たまに「エフユーケーコーヒー」と言う人もいるが、正式な読み方は「フックコーヒー」なようだ。

このお店の見所は、コンセプトがはっきりしているため、グッズ展開が面白い。詳しくは後述するが、空港関連のものをモチーフにしたものが多数あり、色々と購入してしまう。飛行機好き、旅行好きな方に是非一度訪れてもらいたいお店だ。

FUK COFFEEで購入したものたち
FUK COFFEEで購入したものたち

FUK COFFEE場所・行き方・アクセス方法

福岡のメインストリートの一つ「国体通り」。この通りの天神〜中洲間のちょうど中間あたりに位置する。

天神(西鉄福岡)駅からは、福岡三越とビッグカメラの間を走る国体道路を中洲の方へ300m程(約4分)歩くと、「三光橋交差点」の角に店舗が見える。南天神駅からも同様だ。

FUK COFFEEの外観FUK COFFEEの外観。左の通りが国体通り

入口が国体通り沿いには面していないので、博多・中洲側から来るときは少し注意が必要で、「春吉交差点」の次の「三光橋交差点」で左側に振り返ると店舗がある。

FUK COFFEE店舗外観

なんといっても特徴的なのはこの大きなロゴが入った入り口のライト。カフェでここまでがっつり白いライトは珍しいが、この白さも夜でも煌々としている空港ロビーっぽい。アーチ感や文字の大きさ含めてうまく表している。

FUK COFFEEの入口
FUK COFFEEの入口

また、外にあるステッカーだらけのRIMOWA TOPAS(リモワ トパーズ)も存在感たっぷり。FUK COFFEEのステッカーは新しいが、それ以外は実際に使用されながら掠れたもののようで、雰囲気がとてもある。

FUK COFFEEの外看板とRIMOWA
FUK COFFEEの外看板とRIMOWA

FUK COFFEE内装・インテリア

内装にはアルミ素材などをうまく使い飛行機の機体の雰囲気を出しつつ、色々な小物で空港感も演出。ちょっとグッズが溢れている感はあるが、グッズもこのカフェのウリの一つだと思うので、これはこれでありかな。

入って左側はスタンド or ハイチェアの席、右側にはウッドの長いベンチシートが。この訪問時はベンチシートは満席だったが、個人的にはスタンドでサクッと飲んで出るコーヒースタンド的な使い方もお店にあってて良いなとか思ったり。

FUK COFFEEの内装
FUK COFFEEの内装

エスプレッソマシンはVictoria ArduinoのBlackEagle。このアルミ感も飛行機っぽくてかっこいい。

FUK COFFEEのエスプレッソマシン
FUK COFFEEのエスプレッソマシン

FUK COFFEEメニュー(2018年6月時点)

エスプレッソドリンク

  • エスプレッソ 350円
  • アイスコーヒー 400円
  • アメリカーノ(ホット/アイス) 380円
  • エスプレッソスカッシュ 550円
  • カフェラテ(ホット/アイス) 490円
  • カフェモカ(ホット/アイス) 540円
  • キャラメルラテ(ホット/アイス) 540円
  • バニラビーンズラテ(ホット/アイス) 540円

季節限定メニュー(6月?)

  • トロピカルレモネード 500円
  • コーヒーゼリーアフォガート 600円
  • パッソンフルーツスカッシュ 450円

その他のドリンク

  • 京都宇治抹茶ラテ(ホット/アイス) 550円
  • 京都宇治ほうじ茶ラテ(ホット/アイス) 500円
  • チャイラテ(ホット/アイス) 490円
  • チョコレートミルク(ホット/アイス) 400円
  • 生しぼりフレッシュレモン 450円
  • 生しぼりレモンスカッシュ 450円
  • ラズベリーソーダ 450円
  • トロピカルマンゴージュース 400円
  • アイスミルク 300円
  • ホットミルク 300円
  • Flight付き(飛行機ラテアート) +20円
  • バニラアイス付き +150円
FUK COFFEEのメニュー
FUK COFFEEのメニュー(2018年6月時点)

フードメニュー

  • ふくちリッチジェラート各種 350円
  • チョコレートチャンククッキー 180円
  • ガトーショコラ 250円
  • パウンドケーキ 250円
FUK COFFEEの軽食
FUK COFFEEの軽食

FUK COFFEEテイクアウトカップデザイン

ホットのテイクアウトカップは白カップに後述するラゲッジタグのステッカーが貼られたもの。アイスの方は透明な容器に直接プリントしてあるっぽくて、そっちの方が個人的には好き。今回はどうしてもFlightパウダーを撮りたかったのでホットにしたが、次回はアイス系ドリンクにしてみようかな。

リモワに乗ったカフェラテ
カフェラテ(Flight付き)on the RIMOWA

FUK COFFEEコーヒー豆・グッズ販売

コーヒー豆はスペシャリティーコーヒーで有名な福岡の「ハニー珈琲」さんの豆とのこと。ハニー珈琲さんといえば福岡空港内のTSUTAYA BOOKSTOREにも併設されている。とことん空港に縁があるコーヒーショップだ。

  • FUKオリジナルブレンド100g  860円

しかし、このお店で特筆すべきは、グッズ販売だろう。特におすすめなのはステッカー。機内に荷物を預ける時につけられるラゲッジタグをモチーフにステッカーにしたもの。これはスーツケースに貼りたい!というわけで2枚購入。1枚はRIMOWAにすでに貼っており、もう1枚はどこに貼るかまだ未定。

FUK COFFEEのラゲッジタグっぽいステッカー
FUK COFFEEのラゲッジタグっぽいステッカー

また、カウンターの前にも色々な種類のステッカーが販売されている。こちらも何枚か買ったが、コーヒーカップ型がやはり可愛いな。

FUK COFFEEのステッカー
FUK COFFEEのステッカー

他におすすめなのは、このページの一番最初の画像に写っているマグカップだ。イラストレーターの「ニシクボサユリ」さんが描いた店頭にあるRIMOWAの描かれたマグカップ。RIMOWA好き、飛行機好き、旅好き、コーヒー好きなら買わないなんてありえない。というわけで見た瞬間購入を決めた。

その他にもマスキングテープやトートバッグ、Tシャツやパーカーなど色々なグッズの展開があり、気になる方は要チェック。

公式のオンラインショップ

https://fuk-coffee.net/

FUK COFFEE関連店舗

NGS COFFEE

NGSは長崎空港の3レターコード。長崎駅の近くに2店舗目が登場した。

HIJ COFFEE

HIJは広島空港の3レターコード。広島市中区(広島市の中心地)に3店舗目を展開予定のようで、スタッフを募集している。2020年夏ごろオープン予定のようだ。