Nothing Betterとは

new balance(ニューバランス)の日本旗艦店が原宿に「New Balance HARAJUKU(ニューバランス原宿)」としてオープンし、その4階に併設されたカフェが今回紹介する『Nothing Better(ナッシングベター)』だ。頭文字はnew balanceと同じく“NB”となってて、店名の“nothing better” = “この上ない、最高の”の通り、新しい体験ができるカフェを目指したお店となっている。そのためプロデュースした人も最高の人たちだ。ラテアート世界チャンピオンの澤田洋史氏と本場フランスでミシュランの星付きになったフレンチシェフの松嶋啓介氏の二人。

new balanceのロゴと
new balanceのロゴと(ボケちゃってるけど……)

Nothing Betterの場所・行き方・アクセス方法

原宿といえば昔も今も竹下通りのイメージが強いが、その竹下通りを出た先にあるのが「New Balance HARAJUKU」のビルで、その4階にカフェ「Nothing Better」はある。

なので行き方はとても簡単。原宿駅からは竹下口を出て、そのまま竹下通りを一番奥まで行き、横断歩道を渡るだけ。明治神宮前も同様、5番出口を出たら、ラフォーレの前を通り過ぎて、竹下口の交差点の横断歩道を渡るだけだ。

Nothing Better店舗外観

new balanceのビルなので、“NB”のロゴと赤い線の主張の激しく、一目でわかる。面白いのはその赤い線の所に品番である数字や文字が隠されていること。new balance好きな方はいくつわかるか探してみるのもの良いだろう。

new balance HARAJUKUのビル
new balance HARAJUKUのビル

Nothing Better内装・インテリア

以前、WEB等で見た感じだと、結構広いカフェスペースがあったようだが、訪問時(2018年8月)には店内の奥に10〜15席程度のスペースがあるだけで、あとはゴルフウェア・用品などの売り場がほとんどを占めていた。どうも2018年4月のフロアリニューアルあたりを境にカフェスペースが縮小されたっぽい。この日は暑かったこともあり、席が満席で座れずちょっと残念。ブランディングと実用の兼ね合いは難しいだろうが(特にこの立地は地代も高いだろうし)、以前のカフェスペースがまた復活してくれるとゆっくりできて嬉しいな。

昔カフェスペースだった箇所は今はゴルフ用品に
昔カフェスペースだった箇所は今はゴルフ用品に

そんなわけで、あまり内装やインテリアを確認できるほどの場所はなく、カフェスペースとしてちゃんと見れるのはモルタルベース+アルミ台のカウンターと奥のカウンターテーブルくらいかな。テイクアウトカップの主張がある程度あるから、エスプレッソマシンにテイクアウトカップを並べているのは絵になる。

Nothing Betterのエスプレッソマシンとホットのテイクアウトカップ
Nothing Betterのエスプレッソマシンとテイクアウトカップ

Nothing Betterメニュー(2018年8月時点)

ここのコーヒーの面白いところは、基本的にはカフェラテベースに振り切っている上に、コーヒー豆じゃなくてミルクを選ばせる点。ノーファット(無脂肪牛乳)など、運動している人には優しいものもあるし、リッチな味わいを楽しみたければジャージー牛乳なども選べる。

エスプレッソドリンク

  • カフェラテ 500円
  • プレミアムラテ(エクストラミルクラテ) 550円
  • サワダスタイルラテ(抹茶ラテ) 550円
  • スポーティーラテ(ミロor塩キャラメル) 550円
  • エスプレッソレモネード 600円
  • ブラックコーヒー(アメリカーノ) 450円

ラテに使用するベーシックミルク

  • 3.6牛乳
  • 低脂肪牛乳
  • 無脂肪牛乳

ラテに使用するエクストラミルク(+50円)

  • ソイミルク
  • アーモンドミルク
  • 有機牛乳
  • ジャージー牛乳
  • 低温殺菌牛乳

その他ドリンク

  • チャイラテ 500円
  • レモネード 500円
  • ラズベリーレモネード 500円
  • チョコシートモルト 450円
  • アップルサイダー 450円
Nothing Betterのメニュー表
Nothing Betterのメニュー表

2018年8月訪問時のオーダー

アイスプレミアムラテ(ジャージー牛乳)

濃厚でリッチな味わいというジャージー牛乳にミルクを変更したプレミアムラテをアイスでオーダー。

カフェラテ(ジャージー牛乳)をオーダー
カフェラテ(ジャージー牛乳)をオーダー

Nothing Betterテイクアウトカップデザイン

ホットドリンク用テイクアウトカップ

赤ベースにnew balanceのNBロゴと文字ロゴが抜かれたカップ。どこから見てもnew balance感。

アイスドリンク用テイクアウトカップ

こちらも透明ベースだが、赤帯の占める割合の方が多く、NBロゴとnew balanceの文字ロゴが入ったもの。

Nothing Betterテイクアウトカップとnew balance団扇
Nothing Betterテイクアウトカップとnew balance団扇

裏面にはNothing Betterの文字ロゴも入っている。これくらい勢いのあってわかりやすいカップはいいね。

テイクアウトカップの裏面はNothing Better
テイクアウトカップの裏面はNothing Better

Nothing Betterコーヒー豆・グッズ販売

コーヒー豆はコーヒーフェストラテアート世界選手権の東京大会公式コーヒー豆が販売されていた。ラテアート世界チャンピオンの澤田洋史さん監修の豆なのかな?「SAWADA HIROSHI」の絵と文字が見える。が、、、これが販売されているのかは謎。価格が記載されていないのだが、置いてあるだけだろうか?

コーヒー豆の販売もあり
ラテアート大会の公式コーヒー豆が置いてあったが、コーヒー豆の販売はあり?

グッズ販売は、Nothing Betterとしてはないのかもしれないが、もちろんnew balanceとしてはスニーカーもアパレルも色々ある。コーヒーを飲んで落ち着いたら、店内を色々見てまわってはいかがだろうか。特に同じフロアにある「NB Lab」はオリジナルカスタマイズができ、色やロゴ、イニシャル刺繍などでオリジナル商品を作れるのは嬉しい。