Ryumon coffee stand

Ryumon coffee standとは

群馬県前橋市は“竜門”という町出身の店主がその地名をとってRyumonと名付けたコーヒースタンドがこの『Ryumon coffee stand(リュモンコーヒースタンド)』。コーヒースタンドとなってはいるが、コーヒーにこだわった一軒家カフェで、ゆったりとした時間の流れる心地よいお店だ。ただ、この「リュモンコーヒースタンド」はあくまでコーヒーのお店であって、スタバの様な長居するタイプのカフェではない。なので“PC作業や勉強はご遠慮ください”と公式WEBに記載がある通り、ここではMacを広げてドヤるのではなく、コーヒーを楽しむのに専念した方が良さそうだ。

Ryumon coffee standのラテアート
Ryumon coffee standのラテアート

Ryumon coffee standの場所・行き方・アクセス方法

吉祥寺駅の「公園側出口」を出て駅を背に左へ。大きな通りに出たらヤマダ電機LABIが見えるので、その脇の「末広通り商店街」を5分ほど進むと左側に一軒家の店舗がある。

車で行く方は、店舗の前の通りが一方通行なので、井の頭通りから、一度南口のところから吉祥寺駅側に一瞬入り、すぐに左の細い一方通行の道へ。ほどなく、お店がある。お店を通り過ぎてすぐに出てくる路地を左に曲がったところにある駐車場が最寄りかな。この辺一帯ではちょっとだけ安いみたいだったしおすすめ。

Ryumon coffee standの外観

傾斜のある屋根が特徴の入り口の細長い一軒家。奥はもう少し幅があるみたいだけど、お店はその一部なのかな?2階部分には大きめの窓が設置されていて、南側が道路になっているので日当たりが良さそう。

Ryumon coffee standの外観
Ryumon coffee standの外観

Ryumon coffee standの内装・インテリア

リュモンコーヒースタンドでもっとも特徴的でよくインスタグラムなどのSNSで見かけるのがこの壁掛けの照明。これは1階のテーブル席の横に設置されている。イケてて若い子たちはこの下にあるスツールに腰掛けた自分も入れた写真をよくアップしているようだが、自分はアレなので割愛。

Ryumon coffee standといえばこのライト
Ryumon coffee standといえばこのライト

また、2階もあって、ソファー席もある。ちなみにソファーは2人席のソファーと、向かい合った4人席のソファーもあるが、そこまで広い空間ではないので1グループ4人までかな。そんなに大声で話すような雰囲気でもないので、それぞれでゆっくりコーヒーを楽しめれば良いと思う。

椅子は1階のスツールもそうだけど、色々な形の椅子があり、ビンテージものもあると思うのだが、良い雰囲気を出しているので、椅子好きな方は色々座ってみれるのもこのカフェの楽しみの一つだと思う。

Ryumon coffee standの2階のソファー席
Ryumon coffee standの2階のソファー席

そして、今回は撮ってないけど、ずっと気になってたのは……トイレの鏡!「VOGUE」の表紙になれちゃう鏡としてインスタに数多くアップされており、行ったら見なければと思っていたのに、今回バタバタしてて忘れてしまっていた。残念。

Ryumon coffee standのメニュー(2018年2月時点)

ドリンク

  • ホットコーヒー 店内 594円、テイクアウト 400円
  • アイスコーヒー 店内 648円、テイクアウト 500円
  • カフェラテ 店内 648円、テイクアウト 500円
  • アイスカフェラテ 店内 648円、テイクアウト 500円
  • エスプレッソ(店内のみ) 324円
  • チョコラテ(ホット、アイス) 店内 648円、テイクアウト 500円
  • 紅茶(店内のみ) 540円
  • ココア(ホット、アイス) 店内 648円、テイクアウト 500円
  • デカフェ(店内のみ) 540円

軽食

  • チーズケーキ 400円
  • ブラウニー 360円
  • バタートースト 280円

セット

9時〜13時

  • モーニングセット(ホットコーヒー+バタートースト) 556円(税込600円)
  • モーニングセットのアイスコーヒーorカフェラテへの変更 +50円

13時〜19時

  • ケーキセット 880円(税込950円)
Ryumon coffee standのメニュー
Ryumon coffee standのメニュー

この日に頼んだのはモーニングセットのカフェラテとテイクアウトコーヒー。モーニングセットのトーストは中はふんわり、そとはカリッとしたいい感じのトースト具合。しれに塩気のしっかりしたバターがのっかり絶妙。これにシロップをかけるとほんのり甘さが加わりまた違う味わいになる。コーヒーにめっちゃ合う。

Ryumon coffee standのモーニングのトースト
Ryumon coffee standのモーニングのトースト

ちなみに、「リュモンコーヒースタンド」のコーヒー豆はシングルオリジンで、提供されている銘柄のコーヒー豆は定期的に変わっている。コーヒー豆の種類はSNSなどで“明日から◯◯に変わります”などと公表されるので、新しいコーヒー豆が入ったら飲みに行くなんて楽しみ方もできそうだ。

Ryumon coffee standのこの時のコーヒー豆はコスタリカ
Ryumon coffee standのこの時のコーヒー豆はコスタリカ

訪問時の豆はコスタリカのアルトス デ カリサル農園の中深煎り。レーズンっぽいフレーバーと書かれているが、少しチョコレートのようなフレーバーも感じられた。おそらく浅煎りだともっと果実感のあるワイニーな感じになるのだろうが、中深煎りのちょっとだけほろ苦さが足されてだいぶ好きな味わいだった。

Ryumon coffee standのテイクアウトカップデザイン

つい最近(2018年2月)に新しいデザインのカップになったもよう。リュモンコーヒースタンドの外観の可愛い手書き風イラストがステッカーになって貼り付けてある。このステッカー可愛いから欲しいな。単品で売ってくれないかな。

Ryumon coffee standのテイクアウトカップ
Ryumon coffee standのテイクアウトカップ

ちなみに、カップをコレクトしているので、家に持ち帰って洗ったところ、外側の部分は耐水性ではなかった様で少しふやけてしまったので、テイクアウトカップコレクターは外を濡らさない様にご注意を。

Ryumon coffee standのコーヒー豆・グッズ販売

コーヒー豆は200gで1,500円と買いやすい価格。しかもドリンク1杯無料は嬉しい。コーヒー豆については詳しく聞かなかったが、おそらく今コーヒーにして出している豆と同じなのだろう。店内で飲んで気に入ったら豆も買って、ついでにテイクアウトもついてくる、という流れかな。

ちなみにシングルオリジンのコーヒー豆は三宿の有名店「NOZY COFFEE」さんのローストした豆を使用しているとのこと。

Ryumon coffee standが販売しているコーヒー豆
Ryumon coffee standが販売しているコーヒー豆

店舗情報

店舗名 リュモン コーヒースタンド
Ryumon coffee stand
住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-14-9  MAP
アクセス 吉祥寺駅より徒歩7分(約390m)
駐車場 無し
営業時間 OPEN 9:00  Close 19:00
定休日 水曜日、第1・第3火曜日
Mail 未確認
TEL 0422-49-5839
WEBサイト WEBInstagramfacebooktwitter食べログ
コーヒ豆販売 有り
マシン La Marzocco LINEA
座席数 1階テーブル2席(椅子4脚)、2階ソファー等10席
Wi-Fi 無し
電源 無し
喫煙・禁煙 禁煙
予約 不可
カード使用可否 不可
オープン日 2011年08月05日