BONGEN COFFEE(盆源珈琲)

BONGEN COFFEE(ボンゲンコーヒー)とは

カフェは多いが、こだわりのコーヒーショップは意外と少ない“銀座”という地にオープンした純和風のコーヒースタンド「BONGEN COFFEE(ボンゲンコーヒー)」。漢字で書くと「盆源珈琲」。名前に「盆」という漢字が入っているが、このお店のイメージをする時に必ず出てくるのが店内奥に鎮座する“盆栽”。オーナーが盆栽好きということで、「盆栽のように、年月が経っても本当に良い物は残り続ける」というコンセプトを持たせているとのこと。

BONGEN COFFEE(ボンゲンコーヒー)の落ち着いた店内でコーヒーを
BONGEN COFFEE(ボンゲンコーヒー)の落ち着いた店内でコーヒーを

BONGEN COFFEEの場所、行き方、アクセス方法

東銀座駅からは5番出口を出て、首都高の脇の道路を北に4分ほど歩くと、BONGENのロゴの入った下の写真の木製の看板が見える。そこを左に曲がれば店舗の前にも同じ看板が設置されているのですぐにわかるはず。

新富町駅からは首都高を超えて左手に曲がると同じように木製の看板ですぐに見つかると思う。

BONGEN COFFEEの路地看板
BONGEN COFFEEの路地看板

BONGEN COFFEEの外観

木のドアも目立つが、それより気になるのはシックな塗り壁。フラットな塗り壁なので、手塗りだとしたら結構大変そう。看板がなければ高級和食の入り口にも見せるその佇まいは、ぱっと見ではコーヒースタンドとはわからない人も多いのでは。知らない人は、なんだろうと看板やメニューを覗いて、ようやくコーヒー屋かと気づき、「え?コーヒー!?」と二度見のアクションをしてしまいそうだ。

BONGEN COFFEEの外観
BONGEN COFFEEの外観

BONGEN COFFEEの内装・インテリア

店舗で一番目立つのは何と言ってもカウンター奥の”盆栽”。見事な盆栽は2種類あり、たまに入れ替えられているようだが、以前写真で見た大振りのもう片方より、この日のシュッとした盆栽の方が侘び寂びがある気がして個人的には好き。

決して広くない店内に、盆栽に贅沢なスペースを与え、照明もそこを中心に持ってきている。普通、コーヒースタンドだと一番見せるのはエスプレッソマシンだが、あえてエスプレッソマシンを見え難くし、特徴的な壁や格子天井を思いっきり見せることで和のテイストを前面に押し出している。レジも見えないようになっているし、おそらく他にも色々見えなくされている工夫がされていそうだ。

BONGEN COFFEEのインテリア(ドリップ中)
BONGEN COFFEEのインテリア(ドリップ中)

基本はコーヒースタンドなので、店内の席は木製のベンチのみ。テーブル部分をはずせば5人は座れると思うが、電源があるわけでもなく、テーブルが大きいわけでもないので、ここで一仕事というわけにはいかなそうだ。ただ、おにぎりとコーヒーといった変わったマリアージュを楽しみたいのであれば、やはりこの空間で楽しみたい。Wi-Fiもあるし、お時間のある方はゆっくりしていってはいかがだろうか。

BONGEN COFFEEの店内の椅子
BONGEN COFFEEの店内の椅子

BONGEN COFFEEのメニュー(2018年1月時点)

盆源珈琲(珈琲メニュー)

  • エスプレッソ(シングル・ダブル) 470円
  • エスプレッソ デカフェ 520円
  • ドリップコーヒー 530円
  • ドリップコーヒー 580円
  • カフェラテ 570円
  • アメリカーノ 530円
  • コルタド 540円
  • モカラテ 620円
  • キャラメルラテ 620円
  • ホワイトモカ 620円
  • 抹茶ラテ 620円
  • 抹茶ラテ+エスプレッソ 670円
  • ソイラテ 620円

その他ドリンク

  • 都ほうじ茶 430円
  • ココア 500円
  • オレンジジュース 470円
  • アップルジュース 470円
  • はちみつ柚子 530円
  • サングリア(ノンアルコール) 470円

食べ物

  • おむすび(塩・梅かつお塩・わさび塩) 200円

雨の日限定

  • 蜂蜜きなこラテ 価格未確認
BONGEN COFFEEのメニュー
BONGEN COFFEEのメニュー

ドリップコーヒーは「香り」「源」「炭火焼」の3種類あるが、それぞれ「浅煎り」「中煎り」「深煎り」とのこと。この日の豆は中煎りだけブラジルで、他はコロンビアのようだった。

1回目の訪問時はまずは基本となりそうな”源”を注文。思ったよりも苦味はなく、優しい苦さでモーニングコーヒーにはぴったり。個人的にはもうちょっと苦くても好きなので、次は炭火焼にしてみようかな。

オープンしてすぐだからか、クッキーをプレゼントされた。これもロゴ入りで可愛い。

BONGEN COFFEEのコーヒーとクッキー
BONGEN COFFEEのコーヒー「源」とクッキー

BONGEN COFFEEのテイクアウトカップデザイン

テイクアウトカップはたまに見かける白ベースにクラフトペーパーが貼られたようなカップ。クラフトーペーパー部分にはBONGEN COFFEEのロゴが押されている。クラフトペーパーカップの場合、蓋は黒の方が引き締まって見える気がする。店内もシックな色だし。

BONGEN COFFEEのテイクアウトカップと外観
BONGEN COFFEEのテイクアウトカップと外観

ちなみに、外の看板の上にはホットとアイスのカップが置いてあ……れ?なんかデザイン違くない?この違いがなんなのかはわからないが、どっちのデザインも悪くない。

BONGEN COFFEEのホットとアイスのテイクアウトカップ
外に飾ってあったBONGEN COFFEEのホットとアイスのテイクアウトカップ

BONGEN COFFEEのコーヒー豆・グッズ販売

このお店の特筆すべき点は超高級ブランドとして名高い「パナマ・ゲイシャ」やジャコウ猫に一度食べさせて体内で発酵させる「コピルアック(コピ・ルアク)」も扱っている点。流石に200gなどでの販売ではなく、20g単位(約2杯分)での販売。そのお値段、それぞれ2,000円、2,200円と驚愕の2,000円越え。店内で飲むとそれぞれ1,700円、1,900円だが、この価格のコーヒーを美味しく淹れる自信がないという方は、ちゃんと淹れてもらえる店内で飲んでみるのも良いかもしれない。

なお、通常の豆は200gで1,700円と普通の価格。購入用も「香り」「源」「炭火焼」の3種類が用意されている。

BONGEN COFFEEのメニュー(コーヒー豆)
BONGEN COFFEEのメニュー(コーヒー豆)

グッズはそんなに多くはないものの、流行りのタンブラーはしっかりラインナップ。「オリーブ」と「マスタード」という名前がつけられていたが、個人的には「抹茶」と「辛子」の方がコンセプトに合う気がするのだが、いかがだろうか。ちなみに、両方とも1,700円也。

BONGEN COFFEEのタンブラー
BONGEN COFFEEのタンブラー

店舗情報

店舗名 ボンゲンコーヒー
BONGEN COFFEE
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-16-3  MAP
アクセス 新富町1番出口から徒歩3分(約200m)
東銀座駅5番出口から徒歩5分(約400m、3番歌舞伎座口からだと徒歩6分)
銀座一丁目10番出口から徒歩6分(約450m)
駐車場 無し
営業時間 OPEN 8:00  Close 20:00
土日祝日 10:00-20:00
定休日 無休(要公式サイト・SNS確認)
Mail 未確認
TEL 03-6264-3988
WEBサイト WEBInstagramfacebooktwitter食べログ
コーヒ豆販売 有り
マシン La Marzocco
座席数 3〜5
Wi-Fi 有り
電源 有り
喫煙・禁煙 禁煙
予約 未確認
カード使用可否 未確認
オープン日 2017年12月15日